払えない消費税 換価猶予で延滞税減額できる

◇やっぱり払うの大変 消費税   
  8月末に申告書を提出した法人のうち2名の方が、申告した消費税が一時に納付できず、ことし4月からはじまった「換価の猶予」の申請を行ないました。
  「換価の猶予」が認められれば、単なる分納にかけられる延滞税率9・1%が1・8%に下げられます。
  消費税率が8%に増税され、業者の消費税納税額は増える一方。2名の方はいずれも200万近い納税が必要となりましたが、材料高騰や借入返済など運転資金が不足し、一時の納税は無理と民商に相談があり、換価猶予を申請したものです。

◇猶予の申請は民商しかできないね
  そのうち1名の方は顧問税理士に換価猶予の申請書を持って相談しましたが、「初めて書類を見た、どうやって書いたらいいのか分からないという感じだった。猶予の申請はやっぱり民商しか相談できんね」と話しています。

◇パソコン会計と連動したExcel版申請書もあります
  民商では、だれでもこの制度が活用できるように、税務署が用意した申請書のExcel版に必要な数字を入力すれば打ち出せる「らくらく換価猶予申請」ファイルを試作しました。
  用紙の書き方が分からないという方、あきらめず民商にご相談下さい。
申請書はこちら(国税庁のHPより)
書き方の手引きはこちら(〃)

(つしま民商ニュース 2015.9.14号)

トップページへ