税務調査に続き、異議申立てでも勝利

◇税務調査・・・スキのない自主計算で「是認」勝ち取る
  佐織支部のMさんは、昨年夏から税務調査を受けてたたかってきました。
  自主計算に自信があったMさんは、調査でも納税者の権利を堂々と主張。税務署員は立会い拒否をして帰っていってしまいました。その後取引先から資料を集めたものの、Mさんの自主計算を崩すことができず、今年2月になって「所得税の追徴はありません」と是認を通知してきました。
◇異議申立ても・・・自主計算が「2連勝」!!
  ところが消費税についてのみ、Mさんの簡易課税の業種が違うとして更正処分をしてきました。Mさんは同業者の情報を集めて「税務署の言い分は納得できない」と支部で相談。4月になって税務署に異議申立てをおこない、5月に支部の応援を受けて6人で口頭意見陳述を行いました。
  6月末に異議決定書が送られてきて、業種についての主張は通りませんでしたが、Mさんが主張した正しい売上は認め、更正処分の一部を取り消してきました。
  Mさんの自主計算は2度も税務署の推計を打ち破る成果をあげました。

 
「民商ニュース」2011.7.18号より

津島民商トップページに戻る