住民税の猶予と延滞税免除!” width==

◇市役所に事情説明してひと安心
 6月24日に開かれた弥富支部のなんでも相談会には会外から2名が参加、、藤田支部長はじめ役員3名と後藤副会長、共産党の三宮弥富市議らが熱心に相談に応じました。
  「昨年賞が取れたので収入が多かったけど、今年来た住民税はそれ以上に上がっててびっくり! たまらず役場にも問い合わせたら間違いないといわれたけど、とても払えない」という厩務員の奥さんの相談に、庶民いじめの増税のしくみを説明して、「猶予という申請をすれば滞納扱いにならず、1年で分納できるし、延滞金もかからないよ」というと「それなら助かる!今日来て本当に良かった!」と大喜び。もう一人5月に失業したばかりの方は「それでなくても心細い時期に、倍以上の住民税が来てどうしようかと悩んでいます」とのこと。「とにかく減免と「猶予の申請をしよう」と励まし「いい話が聞けた」と笑顔。
 さっそく月曜日の25日に三宮市議が付き添って市役所の税務課へ行った2人は、とりあえず猶予が認められることになり、「相談してよかった」と喜んでいました。
 

民商ニュース 07.7.2号 
トップページに戻る